探偵

旦那の浮気相談・慰謝料証拠集めおすすめ探偵

 

 

 

 

 

 

私28歳、夫36歳。

 

 

小2と幼稚園の子供がいます。
夫の浮気が発覚したのは3か月も前になりますが、親を含めて話し合い、仲人さんにも話して、最終的に離婚という結論が出ました。幼い子どもたちは、これからシングルマザーの私が養っていくのです。メンタル的には割り切るなんてこと出来ませんが、間に弁護士を挟んで、彼とその交際相手に対する慰謝料や、養育費の話を進め、最終的に公正証書に仕立ててもらったのです。

 

夫の浮気って、妻なら日常に気をつけることで防げると思うんです。たとえば、大切な人のことを無闇に否定したりしないことです。

 

私なりにわがままを言ったりすることはありますが、本気の言い合いになりそうなことは(思っていても)言いません。また、相手の収入や仕事をおとしめるような発言も慎むようにしています。
男性の自尊心を優先し、外見にも気を遣い、自分の中の女である部分に磨きをかけておけば、恋人気分が長続きして、ほかの女性に癒しを求めることもないだろうと考えています。探偵業者の職員になるには、普免はあったほうが良いかなという程度で、特に資格は不要です。

 

 

 

しかし、不貞行為の調査などで成果をあげるには、一定レベル以上のスキルが要求されます。スタッフの育成に余念がない会社もありますが、ひどいところではマニュアルをさらったぐらいのアルバイトが現場に配置されていることもあるそうですし、注意が必要です。

 

 

価格に見合った技能を持った探偵に調べてもらい、的確な資料を集めてもらうことが確実な成果につながるのです。
探偵社への依頼の仕方は、さしあたっては電話をかけましょう。それがファーストステップです。電話を通した相談で感触が良く、細かく相談したいと思ったら、事業所へ行くという運びになります。

 

 

打ち合わせが済んで、依頼することを決めたら契約書にサインして、本当の調査が始まるのです。昔の探偵業界では、安値イコール悪かろうの認識がありました。素人には調査の良し悪しなんてわからないですからね。

 

 

 

とはいえ現在は、ウェブを見ればきちんと仕事をしてくれる探偵業者なのかどうかはブログや掲示板などを見ればかなり詳細に分かるようになりました。

 

 

 

値段の安さだけに釣られると失敗しがちですが、高いわりに調査がイマイチな会社をわざわざ使うような無駄も避けたいものです。費用対効果がきちんとある会社を見つけ出すしかないのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

原一探偵事務所

 

 

 

 

 

◎43年の調査実績・解決実績100,000件以上 探偵業界最大手の原一探偵事務所◎

 

 

 

「浮気調査」 「人探し」 「ストーカー対策」 「いじめ調査」 などを扱う総合探偵社

 

 

 

探偵業界で日本最大級の調査員数!社員数100名以上
(10年以上のベテラン調査員が多数在籍)

 

 

 

東京都弁護士協同組合の特約店
(※法廷では法律に違反した証拠は証拠としてみなされません)

 

 

 

全国主要都市に18拠点の全国ネットワーク

 

 

本社・川越

 

 

札幌・仙台・水戸・高崎・千葉・大宮(埼玉)・日本橋・新宿 (東京)・横浜・静岡・名古屋・大阪・神戸・岡山・松山・広島・福岡

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

原一探偵事務所 詳細はこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

https://www.haraichi.co.jp/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

街角相談所 -探偵-

 

 

 

 

 

 

初めての探偵探しに不安な方も匿名で費用見積もり

 

 

 

 

 

最初から探偵社・興信所への問い合わせに不安のある方へおすすめ

 

 

 

 

 

全国100社の興信所よりお悩みに合わせた探偵を紹介

 

 

 

 

 

他社のお見積もりより安い探偵を見つけるお手伝いも可能

 

 

 

 

 

 

 

 

浮気診断シミュレーター・匿名相談 詳細はこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

http://hello-tantei.com/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

HAL探偵社

 

 

 

 

 

 

ネットでできる・完全無料の浮気解決シュミレーターが好評のHAL探偵社

 

 

 

 

全国無料出張・即日対応も可能

 

 

 

 

 

 

業界初の完全成功報酬・後払い支払 (初期費用0円)

 

 

 

 

 

 

相談料0円・匿名OK

 

 

 

 

 

 

調査完了後最短3日で証拠資料のお渡しも可能

 

 

 

 

 

 

 

 

HAL探偵社 詳細はこちら

 

 

 

 

 

 

 

https://hal-tanteisya.com/

 

 

 

 

 

 

 

 

総合探偵社TS

 

 

 

 

 

 

浮気調査・人探し・いじめ調査などを扱う総合探偵社TS

 

 

 

 

TSの強みは・・・・・・

 

 

 

 

 

◎24時間365日 無料相談・見積受付

 

 

 

 

 

◎北海道〜沖縄まで全国対応

 

 

 

 

 

◎安心の料金設定(分割払い、カード払い可)
独自の調査料金体系を導入。調査は1時間単位から依頼することが可能

 

 

 

 

 

 

◎法律専門家の起用・警察OBも在籍

 

 

 

 

 

 

夫婦カウンセラーの資格を持つ調査員が、離婚あるいは復縁までご依頼者様のお考えをお聞きし
適切なアドバイス

 

 

 

 

 

 

 

 

総合探偵社TS 詳細はこちら

 

 

 

 

 

 

 

ISM探偵事務所

 

 

 

 

 

 

◎全国対応可能

 

 

独自のネットワークにより、北海道から沖縄まで全国で調査可能

 

遠方にお住まいの方も対応可

 

 

 

 

◎相談だけでOK

 

 

 

 

◎現場で経験を積んだ調査員

 

対応する調査員は当社の探偵学校で基礎を学び実践経験のあるスタッフ在住

 

探偵に必要な撮影技術や尾行術といったスキル・法律の知識にも精通

 

 

 

 

 

 

 

ISM探偵事務所  詳細はこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

浮気に依存しやすい人というのは、ウツの症状を持っている場合が多いです。

 

考えられることは、やはり精神的なストレスでしょう。

 

 

 

既婚者同士の不倫や、どちらかが結婚している場合、精神的な疲労や不信感、無力感などを抱きやすくなるのは当然で、その結果、症状として出てくるのです。それに、取り残された配偶者も情緒不安定や不眠などの症状が見られます。
探偵もお客様あっての商売ですから、価格競争があり、破格値で調査してくれるところとか、なんでも時給換算で明朗会計なんていう業者もしばしば目にするようになりました。ただ、状況に応じて追加料金が必要な例もあって、必ずしも格安であるとは限らないため、調査を依頼する前に、納得できるまで説明を聞き、時間とお金を無駄にすることがないようにするべきです。

 

 

 

私ではなく職場の同僚の話です。ここ半年ほど奥さんが男と密会しているのがわかったので、男の方を相手どって裁判を起こしたいみたいなんです。気持ちは分かりますが裁判となると相応の費用もかかるでしょうし、ちゃんと浮気の証拠を押さえて相手には慰謝料を要求し、一切のコンタクトを今後は禁止する(ペナルティも考える)なんてどうかと提案してみました。懐かしい同窓会やサークルのOB会などの出会いは、既婚者同士の恋愛に発展する可能性が高いです。

 

憧れの人と話がはずんでしまったり、学生時代のノリで性別の垣根が取り払われるのでやすらぎ感が好意に変わりやすいのだそうです。もし里帰りや同窓会、OB会などのあとにいままでと違った行動パターンをとるようになったら、ひょっとすると、浮気しているかもしれませんよ。探偵社に不倫調査を依頼する際、簡単に個人情報を開示するのはイヤというのは人として正しい反応だと思います。

 

 

最初の見積りのときは個人が特定できる情報はなくても対応してくれる業者も多いですし、まず聞いてみることが大事です。
でも、仕事として発注する場合は契約や詳細説明は必須ですから、そこで必要な個人情報の開示は了承していただくほかありません。大事な家庭に不倫という影を感じるようになったら、すぐに探偵業者に依頼しないで、まずはそのような業者が行う無料相談を利用するのがいいでしょう。

 

 

 

そうでなくても不倫で心が揺らいでいるときに、信頼できるかどうかもわからない会社に極めてプライベートな調査を依頼するのは、やはり無理があります。
リスクや不安は少ないほど良いのですから、無料相談で相手の対応を見るのは役に立つはずです。

 

 

 

普段は浮気と不倫の違いなんて気にすることがないでしょう。

 

 

いわゆる不倫というのは、男女双方か片方に配偶者がいることが絶対条件で、婚姻関係にあるのに他者と肉体的な交渉がある場合をさします。
ですから不倫の場合、相手にも配偶者にも代償として慰謝料を請求することが可能です。
興信所に調査を依頼し、浮気の確かな証拠を入手し、慰謝料請求を送りつけることで現実を見せ、きっぱりと別れさせるといった使い方もあります。
浮気調査を探偵に依頼して、証拠を掴み、浮気を止めることができたとしても、再々繰り返す場合があります。

 

休日に家族と過ごす時間が減ったり、ふとしたLINEやメールの着信により浮気が再燃したことがわかるわけです。
そもそも前の浮気時の対応が手ぬるかった可能性も高いので、次はないということを実感させるような厳しい措置が不可欠です。

 

 

近年は技術改良が進んで、不倫の可能性がある人の現在位置をGPSを使って簡単に見つけられるようになりました。気になる相手にGPS機能搭載のスマホを持たせることができれば、誰でも簡単に、ほとんどリアルタイムでどこにいるかを知ることができます。

 

 

 

それで罰則があるというわけでもありませんし、相手の不倫を自力で見つけたいときはGPSが役立つかもしれません。配偶者の浮気にピタリととどめをさすには、不倫の明らかな証拠を押さえ、不倫の慰謝料を求めるのが有効です。一般的に不倫というと、つまみ食いを楽しむ感で、さほど罪悪感を感じていないというのが現実だったりします。

 

 

慰謝料請求という現実を見せることで、不倫の罪や現実を思い知らせるのです。

 

 

パートナーの不倫を疑って探偵業者に調査を依頼する際は、ある程度まとまった資金を要します。

 

 

 

探偵の調査業務にかかる料金は、一例をあげれば、浮気の素行調査などで20万前後(期間5日)をみておくと良いでしょう。

 

 

 

請求は調査内容や調査期間で変動するものの、どんな調査でも50万強で予算どりしておけばとりあえず安心です。

 

 

 

今更なのでぶっちゃけちゃいますが、うちの主人の浮気行為は、初犯じゃなかったんです。
入籍する前から学校の後輩や同僚に、クラブの人や主婦まで、本当に見境がないんです。
根掘り葉掘り問いただす気はありませんが、浮気は男の甲斐性ですか。それって本能なんでしょうか。まさか、ですよね。

 

一度ならず繰り返す彼を許して生活をやりなおす自信もまったくないですし、いいかげん別れるしかないでしょう。

 

 

探偵がしている仕事(行動)として、大抵の人が尾行を連想するのではないでしょうか。ターゲットとなる人物に絶対に気取られないよう移動を共にし、不倫等の証拠を押さえることです。

 

察知されることが極めて少ないよう訓練されていますが、後を追う調査員は対象となる人物の動きを想定しておかねばなりません。相手の不定型の行動に迅速に対処するのが当然なのですから、ラクな仕事ではありません。

 

 

探偵も企業である以上、代金を支払った上で仕事を依頼することになります。
調査員が行う作業いかんでコストテーブルも変わります。

 

素行調査ひとつとっても、短時間で済む場合もあれば、その逆もあり得ます。
日時をどのように区切って依頼するかによって料金に差は出てくるので、調査を行う時間が長ければ、必然的に費用は多くなります。

 

 

不倫は家庭も人も壊します。

 

 

そのような中で傷ついた人の相談に乗る専門のカウンセラーがいます。プロですから心理的な負担がかかることはありませんし、回復へ向かって少しずつ歩んでいきましょう。

 

不倫という許しがたい理由で離婚しても異性に距離を置くようになったり、自分の人生なのにポジティブになれないという相談もしばしば聞かれます。また、離婚ばかりではなく、配偶者との関係を再構築する際にも、第三者が間に入ることで上手くフォローできます。
探偵社の数は多いですが、どれでも良いわけではありません。
その会社の評価や口コミ情報を調べることは欠かせません。無視できないような悪い評判のある会社では、見積り時の説明が不十分だったり、いい加減な仕事で報告書をでっち上げるなんてことも、なきにしもあらずです。
定評のある会社を選べば、法外な料金をとられる危険性はないです。もちろん、浮気の追跡や行動調査なども手抜かりなく行ってくれると思います。これは浮気だと断定できる証拠写真といえば、不倫の相手とラブホ前で手をつないでいるシーンなどは、はずせないです。

 

 

 

頑張れば自分でも写真を撮れそうな気がしますが、よほど高性能なレンズでない限り不鮮明になることが少なくありません。裁判や慰謝料請求などで使えるレベルの写真を撮影したいのであれば、そういった仕事に長けている探偵を利用するほうが現実的です。探偵を頼むなら、能力の高いところに依頼したいものです。

 

 

どんなところが高い技量を持つかというと、企業規模も確実に影響してきます。全国各地を営業エリアとしているところは、最先端の機材や捜査手法の研究に努めており、その点ではけして他社に劣らないというメリットがあります。規模の大きなところは相談員や調査員の育成に時間と費用を充分にかけていて、必然的に仕事の品質にフィードバックされてくるわけです。携帯電話をチェックしなくても、不倫をしているかは想像がつくものです。例えば、単刀直入に質問してみるといいのです。
普通のひとは何かを隠そうとしたり嘘をつくときは、やたらとハキハキ回答したがりますから、それを見るだけです。
それに、ちょっと聞いただけでズラズラと話しすぎるのも怪しいです。
心に負い目があると、沈黙を埋めるように、よく話しますからね。

 

 

 

目を合わせて話をしていると、やたらと目線を泳がすのでもすぐ判別がつきます。

 

婚姻中に不貞行為があったために離婚話がうまく進まず、とうとう家裁での離婚調停となることもしばしばあります。
調停の場では家事調停委員を間に入れて離婚のための意見調整を行うため、夫婦やその関係者だけで話し合うよりソフトな雰囲気の中で話が進行する点で頼もしいシステムです。

 

緊張せずリラックスして臨みましょう。パートナーが不倫していることに気づいたら、正当な権利として、慰謝料の請求をするべきです。

 

 

といっても簡単なことではありません。
当事者だけで話しあえば、それぞれに冷静さを欠いていることもあり、なかなか話がつかないことが多いです。うまくいかないときは訴訟になる場合もあるため、難しそうだと思ったら弁護士に間に入ってもらい、無難なところでまとめあげてもらうとよいでしょう。

 

 

職場内で不倫が発覚しても、会社は私生活面には口を出せないため、セクハラやパワハラの結果でもない限り、仕事を辞めさせることはできないのが現実です。とはいえ、就業規則上の、職場の風紀秩序を壊乱したか、そのおそれがあるというものに相当すれば懲戒もありえますが、ほとんどは言葉だけでの注意であって、処罰といえるようなものはなしで済んでいるようです。配偶者が浮気する理由として多いのは、配偶者との日常生活に飽きたからだそうです。
言葉は違っても結局はそれみたいですね。また恋愛対象になってみたいという気持ちが不倫という一線を超えさせてしまうわけです。理由が分かったところで許せるものでもありませんから、あらかじめ双方の言い分を尊重し、お互いに不満に思っていることは何なのかを話し合う姿勢も大事なのではないでしょうか。
昔はどうあれ、現在は探偵と興信所の違いは名前だけです。どちらも探偵や調査を取り扱っているところは共通しています。
不倫調査という点でいえば、区別して考えることはないでしょう。と言っても、どのあたりの分野を得意とするかは、業者によって異なるため、契約前に把握しておきたいものです。パートナーがすごく用心深い場合、自分の手で浮気の裏付けを取るということは、至難の業です。でも、浮気の確たる証拠があれば、浮気封じ、離婚、慰謝料と話を有利に進める材料になります。

 

 

 

浮気相手がいることが分かったら、興信所や探偵に調査を依頼しましょう。多少出費はかさみますが、交際相手とホテルから出てくる写真のように、第三者にも分かるような裏付けをとってくれるはずです。

 

一見簡単そうに見える浮気の追尾調査ですが、調査する相手と親しいほど露見しやすいですし、つい感情的になって決定的な証拠を逃してしまう危険性もあります。探偵社に頼めば、最新の機材や相手に気付かれずに追尾する技術がありますから、自分でわざわざリスクを負うよりはるかにラクに不倫の証拠を得られるでしょう。

 

 

 

裁判等の証拠で使いたいなら特にプロに任せるべきです。良い仕事をしてくれる探偵社を選ぶには、地域の専門性で選ぶのも手です。

 

 

 

相手が都内の人ならその区や沿線に事務所のある業者をあたってみると良いでしょう。

 

 

土地勘がある調査員がいるほうが深い調査ができ、報告書の内容がより克明になります。また、依頼する案件によって得意、不得意の差が出ることですから、先にウェブで情報収集しておき、業者に電話確認してみることも大切です。
浮気調査を探偵に依頼したものの、あとになって別途、代金を請求されるというケースがあるようです。契約書を見てみると、まともな会社であれば、別途料金を請求することについて書かれています。

 

そういった理由からも、契約書をじっくりと読んで理解しなければいけません。もし不明な点があるのなら、きちんと契約前に確認しておくのも大事だと思います。自分と調査相手の情報を伝えなければ、探偵に不倫調査を依頼することはできないので、誠実な会社に頼むべきです。

 

 

 

安いからと、アルバイト調査員がいるような会社に依頼したら、調査員というにはあまりにも未熟すぎる能力と意識のせいで、想定外な事態や不愉快な結果を招くおそれがあります。
あとになってガッカリすることがないように、あらかじめ情報集めをして、信頼できる会社を選ぶようにしましょう。不倫で略奪婚に成功しても、あまり幸せになれないという話があります。実際そうでしょうね。

 

 

 

自分の欲求のためなら、他人の幸せをうばうことに呵責を感じないわけですから、もし結婚できても、知り合った経緯からして話せませんし、知られた時点で最後だろうなと覚悟して暮らし、ばれるといけないので旧友も呼べません。
不倫相手と結婚したって、興奮や癒しを求めて不倫が再発することだってあるでしょうし、ストレスは相当なものでしょう。